ホーム > 新着情報 > 今年もウインターカップ予選アベック優勝

新着情報

2021年10月25日

今年もウインターカップ予選アベック優勝

ウィンターカップ2021への出場をかけた広島県予選が8~10月に三次、呉、広島の各市で開催され、皆実高校は今年も男女アベック優勝を果たしました。

女子表彰式

初戦からすべての試合を100点ゲームで勝ち上がってきた女子の決勝はライバル観音との対戦。試合は皆実が終始主導権を握る危なげない展開となりました。最終的にほぼダブルスコアで完勝し、3大会連続23回目の優勝を決めました。

男子決勝

翌日行われた男子の決勝は、6月の県総体で7連覇を阻まれた呉港と。第1クオーター(1Q)こそリードを奪われましたが2Qに逆転。3Qに再び詰められたものの最後は突き放し、見事県総体の雪辱を晴らしました。男子の優勝は7大会連続15回目となります。

ウインターカップ2021は、12月23日から東京体育館をメイン会場に、駒沢オリンピック公園運動場体育館を併用し開催されます。本大会での選手たちの健闘を期待しましょう。

ウインターカップ2021予選の結果(関係分)
 

決勝はB1ドラフラの公式戦前に実施

ドラフラ公式戦前セレモニー

今年のウインターカップ広島県予選決勝は、男女ともB.LEAGUE(Bリーグ)広島ドラゴンフライズのホーム公式戦前に実施され、大画面で選手やスタッフが紹介されるなど華やかな演出にて行われました(写真)

そして、そのドラゴンフライズのゼネラルマネジャーは皆実高校バスケットボール部OBの岡崎修司氏(皆実60期)。シーズンが始まったばかりとはいえ、ドラフラは現在B1西地区の首位を快走中♪ こちらにも期待したいですね。

(関連記事) 皆実60期の岡崎修司氏がB1ドラゴンフライズGMに就任≫

このページの先頭へ